栃木県市町概要
公式サイト
■町花 ききょう
■町木 けやき
■町鳥 うぐいす
市町類型 4−1 27年国調人口 13,188人
財政力指数(28〜30) 0.407 住民基本台帳
(31,4,1)
人口 12,953人
職員数(31,4,1) 137人 世帯数 4,992世帯
職員1人当り人口 95人 面積(km2 172.69
■沿革
 旧茂木町は建久3年(1192)源頼朝の役家であった八田三郎知基が桔梗城を築いたことに始まる。明治時代に合併等を繰り返し茂木町となり、昭和29年8月1日、逆川村、須藤村、中川村と合併して町制を施行し、今年で64年目を迎える。
■地勢
 県の南東部に位置し県境の八溝山系の中に位置する。南東は茨城県笠間市、城里町、常陸大宮市に、北は那須烏山市に、西は益子町、市貝町に接している。東西12km、南北27km、総面積172.69平方kmと南北に細長い町で、標高150m〜200mの山が総面積の2/3を占める中山間地帯である。
■観光
 「道の駅もてぎ」やSLの終着駅となっている「茂木駅」、国際的なサーキット「ツインリンクもてぎ」、「大瀬のやな」、「ミツマタ」などの名所が数多くあり、里山の農村風景や自然環境も魅力となっており、年間約300万人の観光客が訪れている。
■産業
農業: 中山間地域の特色を活かした「しいたけ」や「こんにゃく」、「ニラ」が基幹農産物となっており、近年では、中山間地域における農業のモデルとして完熟イチゴにも力を入れている。 そのほか、有機物リサイクルセンター「美土里館」での堆肥を核とした環境にやさしい循環型農業の推進を図ると共に農産物のブランド化にも取り組んでいる。 また、里山や農村景観など豊かな自然資源を活用し、特色ある「地域づくり」や各種オーナー制度、農村レストラン、農産物直売所などを通して、農業体験型の観光や都市農村交流を推進している。
工業: 縫製、弱電機器等の中小零細工業の割合が多い。また、ツインリンクもてぎ関連の事業所も進出している。
商業: 年間販売額が年々減少傾向にあり、中心市街地の空き店舗が増え衰退が著しい。近年、中心市街地拠点施設「ふみの森もてぎ」を中心とした、にぎわい市を開催することにより、市街地の活性化に向けた取り組みを進めている。
■その他特徴のある事項
 世界有数の大型スポーツレクリエーション施設「ツインリンクもてぎ」は、オープン以来数多くのビックレースやイベント等が開催されている。ツインリンクもてぎの国際性や集客力、情報発信力を利用することにより、本町のイメージアップを図るとともに周辺の拠点整備を進めている。
 また、市街部の城山公園のサクラやヒガンバナ、逆川地区のミツマタ群生地など四季折々の花々や景色を楽しめるハイキングのほか、町内を散策する「もてぎ里山ウォーク大会」「ふれあいマラソン大会」などには、町民の参加も多く、健康増進にも一役買っている。
■施政方針
 「茂木町まち・ひと・しごと創生総合戦略」の第1期が最終年度を迎え、令和元年度は集大成となるとても重要な年度となります。本年度も町の最重要課題である、「雇用の確保」「移住・定住の促進」「子育て支援」を重視しながら、町民に夢と希望を与えられるように、着実に実行していきます。
 そして、先人が築き上げてきた「茂木らしさ」を大切に守りつつ、次の世代につなぐ新しい茂木町の魅力を創り、将来にわたり持続できる茂木町を創るため、全力を尽くして町政運営に当たってまいります。
■重要事業
事業名 予算額(千円) 事業の概要
生活道路改良推進事業 298,416 町道10路線の改良舗装・舗装補修・側溝整備・設計、橋梁長寿命化修繕 等
定住促進事業 149,545 もてぎ暮らしサポートセンター運営事業、仲の内地区整備事業、空き家活用定住促進事業 等
環境立町推進事業 69,721 美土里館管理運営事業、BDF製造事業、竹粉末生産事業、環境保全推進事業
子育て支援事業 551,846 児童手当、こども医療費助成、私立保育園・認定こども園運営、結婚子育て安心サポーター養成事業 等
健康長寿のまちづくり推進事業 108,397 配食サービス、元気アップ館大規模改修事業、地域支援事業、休日当番医、芳賀赤十字病院建設負担金 等
教育環境支援事業 453,741 学校指導力強化事業、英語教育推進事業、姉妹都市ALT招致事業、生徒スキルアップ事業 等
雇用創出事業 96,587 雇用対策事業、農業次世代人材投資事業、小規模事業者持続化事業、企業誘致事業 等
観光推進事業 39,444 自然・公園整備事業、ふるさと茂木まつり、ミツマタ群生地二次交通対策事業、ゆずも活用事業 等
■「ふるさとづくり事業」等のまちづくり事業について
・パワーアップもてぎ地区推進事業
・もてぎの川をきれいにする基金運用事業
・もてぎマスコットキャラクター「ゆずも」活用事業
■地域指定の状況について
・平成6年度国土庁「水の郷」に認定
・過疎地域、山村振興地域(旧逆川村)、中山間地域、辺地
・平成11年度農林水産省「日本の棚田百選」に「石畑の棚田」が 選定
・平成26年度「全国モデル道の駅」に道の駅もてぎが選定
・平成27年度「地域再生計画」に茂木町が認定
・平成28年度「地域再生計画」に茂木町が変更認定