栃木県市町概要
公式サイト
■市花 つつじ
■市木 かえで
■市鳥 指定なし
市町類型 3−2 27年国調人口 149,452人
財政力指数(27〜29) 0.740 住民基本台帳
(31.4.1)
人口 148,145人
職員数(31.4.1) 1,128人 世帯数 66,633
職員1人当り人口 131人 面積(km2 177.76
■沿革
 足利は上古、毛野国の政治上の重要地として、関東文化の一中心地として栄え、特に織物のまちとして全国にその名を高めてきた。明治22年、助戸村を合併して町制を、さらに大正10年1月1日に市制をしき、周辺の町村を合併しつつ昭和37年御厨町と坂西町を合併し、現在に至る。 令和3年には市制施行100周年を迎える。
■地勢
 栃木県の南西部、関東平野と山岳地帯の境に位置し、東京から北へ約80km、、浅草から東武伊勢崎線特急りょうもう号でわずか70分という距離にある。北に足尾山地、南に関東平野が広がり、中央に渡良瀬川が流れるなど、美しい自然に恵まれている。
■観光
 日本遺産第1号に認定された「史跡足利学校」や、足利氏ゆかりの国宝「鑁阿寺」をはじめとする歴史文化遺産が数多く存在する。また、米国CNNによる「世界の夢の旅行先」に日本で唯一選ばれた「あしかがフラワーパーク」、「恋人の聖地」に選定された「足利織姫神社」、九州沖縄サミットや洞爺湖サミットで振舞われたワインを造る「ココ・ファーム・ワイナリー」などの観光名所を求めて、年間500万人を超える観光客が訪れている。
■産業
農業:  足利市の農業は、東部は米麦作や根菜類、南部は米麦作やトマト・いちご等の施設園芸、西北部は山間地が多く、米麦作やゆず等の果樹類の産地である。
 特に農産物特産品では、あしかが美人7品目と称し、トマト・いちご・きゅうり・だいこん・にんじん・なす・アスパラガスを推奨している。
工業:  昔から、“織物のまち”として知られてきたが、最近はアルミや機械金属、プラスチック工業などを中心に、総合的な商工業都市となっている。新産業団地の開発や企業誘致の促進や、地場産業振興センター運営など、産業活性化のための諸施策も行っている。
商業:  市内の歴史的資源や産業資産を活用して回遊性を高めるとともに、商店街のイベントや共同事業等を支援することで商店街の魅力づくりを促進している。
 最近では民間主導のまちなかイベントが増え、それに伴って、まちなかへの新規出店が増加してきている。
■その他特徴のある事項
鎌倉市、米国イリノイ州スプリングフィールド市と姉妹都市、中国済寧市と友好都市を結んでいる。
■施政方針
 平成30年度は、第7次総合計画実施計画に掲げる6つの戦略プロジェクト(以下、重要事業に記載)や、まち・ひと・しごと創生総合戦略の着実な推進を図ります。
■重要事業
事業名 予算額(千円) 事業の概要
結婚・子育て・学びあいプロジェクト 1,146,538 こども医療助成事業、市立小中学校統合型校務支援システム整備事業、子育て支援コーディネート事業、産後ママ安心サポート事業ほか
元気なしごとづくりプロジェクト 208,283 新産業団地開発事業、南部地域土地改良事業、市内企業等地域人材確保事業ほか
まちの魅力発信プロジェクト 776,030 移住・定住促進事業、空き家対策推進事業、夜景観光開発事業ほか
映像のまち構想プロジェクト 17,520 映像のまち構想事業、あしかが映像まつり開催事業、ロケーション誘致補助事業
スマートウェルネスシティプロジェクト 6,264 おでかけ創造チャレンジ事業、健幸づくり推進事業、まちじゅう・スポーツ健幸ジム事業ほか
公共施設の最適化プロジェクト 679,775 生涯学習センター複合化事業、小学校民間プール等活用事業、消防本部庁舎等建設事業ほか
■地域指定の状況について
平成6年 栃木県南部地方拠点都市地域の指定
平成9年 テレトピア構想モデル地域の指定